暑 中 お 見 舞 い 申 上 げ ま す

毎日日にち暑いねえ
。仁淀本流、水位が下がって落ち着いて(下がりすぎ?)、どっかしこ渡れるようになってきたけんど、どーながあしはめっそええ話きかんがねえ。極々一部で6、70ばぁ掛かったとか聞いたけんど、おおかたのもんが思うちょったより厳しい感じで掛からんでよと聞くがねえ。仁淀、今年は天然遡上の鮎、かなり薄いんじゃないろかねえ・・・・。と思う今日この頃

群れちょる鮎は居るみたいなけんど、縄張り意識が薄い?がかよぉ解からんけんど、いっさん抜いたら次が着くがにしっばらく時間がかかる気がするぜょ。
一級ポイントでも反応無しゆーことも珍しゅうもないがやき
仁淀パラダイスはどこにぃ~???

さて、日曜日は朝一でどうしても行きたいと思うちょったくがあって現着6:00
で行ってみたブブブ
イメージ 1

ガンガンの瀬にオモリ持たせて
「いってらっしゃ~い。ええ鮎連れてきてねえ

と沖の瀬を探る。ピリッともせん
。どんどん下る。反応が無い。ちょうど光吉が来たブブブ即決断磯変わり決定

土曜日藤田のとっつぁんが見つけたパラダイス
光吉と行てみた。左岸側に先客2名。瀬切りして中州に渡って右岸の際をやってみるも掛からんええ掛けんちや困ったよ

ここも掛かってくれる鮎は居らんがか・・・。と思いよったら電話が鳴った
画面見ると「T村さん」ありゃ??どーいたがじゃろ。と出てみた。
「はいもしもし、おはよーございます

「もしもし、あんどさん?車があるけんど下でやりゆーかえ?どーですか?」
「やりゆーけんどまだ1匹もええ掛けんです
。感じ良さげですけんどねえ」
「そーかえ。まぁせっかく来たき一緒にやらいてもらおかねえ。今からええかねえ

「ももももちろんです!どーぞどーぞ」
イメージ 8

あしはこんどら中州から右岸に渡ってガンガン瀬をやってみた。ここは自分の中でもベスト5に入るこじゃんと好きな瀬ながですT村名人が登場したと同時にガツン!キタ―――!ヤタ―――!次々掛かりだした。
このお方(T村名人)福の神じゃ
嬉しー!その瀬だっけで軽~くツ抜け光吉おらぁ瀬はめっそ好きじゃないきゆーて止めてとっと上流ポイントへ磯変わりしたブブブ
イメージ 2

T村さんあしの下手、T村さんのお連れさんあしの対岸。なんか緊張するうっその後もガツンガツン掛かってくれて、気持ちええ瀬の釣りが出来ました。午前中に20匹じゃったです。なかなかええ鮎が掛かって竿曲げてくれたぜよ。こないだ折れた竿(メガ)じゃないと抜きがSFではしんどいですらぁ
イメージ 3

メシ食ってからはサッパリ5つしか掛からんかったがよT村名人も磯変わりしたよーです。あしも諦めて磯変わり。オトリカンにいっぱいいっぱいの水をタプタプ入れて山道をゼエゼエゼエゼエゼエ言いもってどーにかこーにか上がった。

次の漁場にはガッカリ隊員タダヒーが居って掛かりゆーらしい

イメージ 4

魚場到着してタダヒーに聞くと6つも掛けちょるでよ。
しかし、ここはすっかり流れが変わって河原からは鮎をええ入れんばぁのキツイ流れになってしもて、おもしろないなっちゅー
。ええ漁場じゃったににゃ~。

タダヒーの上へ入らせてもろてじき、1分と経たんうちにキタ――――!!目印ひったくって沖に走り出した。ためてためて踏ん張りよったら身切れしてバレた
はぁ――っ残念。次は慎重に抜いて受けたけんど、結局そこでは5つきて2つしかええ取り込まんかったちや。よいよへたくそじゃのぉし
時計見ると4時
を回っちゅー。もう1ヶ所だけ磯変わりしょーと柳瀬右岸に行ったブブブ
イメージ 5

下の端で竿出してゴリ1バレ1で気持ちが途切れた。結局27匹で終了
まぁあしにしたら上出来です

イメージ 6

あと3つ。たった3つ?!、されど3つ!!。難しいええ掛けん。情けないねえ~。まだやろうと思うたら2時間弱は出来ちょったがやけんど・・・・。
鮎は〆て卸しました。先週の日曜日の分のお金
が計算されちょったきもろてきた。よしっ!まぁまぁあるやんか
イメージ 7

K5000円に下がっちょったです
仁淀のパラダイス
はどこに肝心の黒瀬がイマイチどころか全然な感じらしいきに困ったもんよよ

≪お願い≫各河川に友釣り漁行される釣り師の皆さん、気をつけて行っとおせよ。無理せられんぞね。それと、自分で作ったゴミは持って帰ってよ~。