イメージ 1

(映画紹介か何かから引用)
アメリカン・スナイパー(American Sniper)
原作クリス・カイル著 自伝『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』
クリント・イーストウッド監督最新作
イメージ 2

イメージ 3

イラク戦争に4度にわたって遠征、アメリカ軍史上最多160人以上を射殺した伝説のスナイパー、クリス・カイルの半生を元に、残酷な戦場と幸せな家庭の狭間で精神が崩壊していく男の葛藤を描いた作品。

イメージ 4

スナイパという単語に食いついて気になっちょったきTUTAYAで借りてきた

イメージ 5

コレね、あしみたいなチャランポランなテキトーな男が、ちっくと空気銃でスコープ覗きゆーきゆーて軽い気持ちで観たらイカンヤツやったコレは重いし、キツイ、なぜかエンドロールの実写映像にまで出る始末
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

今も何処かで戦争で人を殺し殺されしゆーがですよねえ。(何を今更言いゆのて感じですけんど・・・。)

自国を愛するて事を命かけて実践しちょるがですもんねえ自らが兵士にと願い出て戦場へと行くがですもんねえ。あしら愛国心も●そも無いビビリやきに無理!!逃げて隠れてとかすると思うわ

戦う理由付けらぁてのはいろいろかいろあってどれが正しいのか解らんて感じしますけんどね・・・・。
イメージ 10

イメージ 11

ま、ま、自分の平和ボケ的な感想は別にして、この伝説のスナイパークリス・カイル殺害した元海軍兵のエディー・レイ・ルース、この男子もまた戦争で精神をやられた犠牲者じゃなかろかと思えるがよねえ。
戦争で直接死ぬ或いは戦争で病んだ者に戦場以外で殺される。どちらも戦争が生んだカナシイ現実

戦争てなんなんやろか。

ま、興味ある方はレンタルして観てみてくだされ。

≪お詫び≫
ひと~つも猟(漁)の話しじゃのぉてすまん事でございます。