4月10日日曜日。今回もあめごに行っちょりましたあめご“釣り”ではないぜよ、あめごに行っちょったんぜよ。(←ココ重要)

先週はエエ雨が降って吉野川増水しちょるようですけんど、どうなりましつろか?
先ずは前回とおんなじとこへ。川まで下りてって、水の量が思いの外多い。キツイ。でビックリ!!!!
流れの芯の向こうとかエエ感じやけんど全然届きません。胸まで立ち込んだらイケルカモ。押しもキツイき無理か。手前の弛みへでも・・・って弛みとか無いやん。用のでっかいオモリならば沈むろーかて感じ
ココは無理やと磯変わり。本流童貞喪失ポインツへ。
イメージ 1

イメージ 2

ココも橋の上から見るんと実際下りてって目の前にするんとでは大違いやた。どだい仕掛けも入らん。何回か放って止めた。はぁ―――っ
もうダメポ。そうやっ!!!!穴内へ行こう

ヘッポコ猟師の時にマガモ撃つがに下りたとこにエエ感じのくがあったわ。でソコへいってみた
イメージ 3

イメージ 4

下りてすんぐに西もっさんから電話。道縁にイヤラシイ事務兄発見!!あんちゃんやりゆ?自分は太田へ行きゆで。て事やった。

さて、穴内川はちょびっと増水。虫がなかなか取れんかったけんどどうにか確保。
1投目アカバエ2投目アメゴと思われるアタリと引きやが痛恨のバラシ。その後はイダ、イダ。
もう止めようっ!!!!早い決断

今日は13:00から仁淀川天然の遡上現地調査リバーキーパーの会があるきにね。遅れてもイカンきとサッサと切り上げてもんてきた

現地(八田堰)には時間前やに早くもけっこな関係者が居った
イメージ 5

イメージ 6

は居るろーかねえ?鮎釣り師の皆さんはこぢゃんち気になるところですろ。
結論から申します。
(専門家さんのご意見を私なりに解りやすく表現したモノです。各人の解釈は多少違いがあれど厳しいさは解っていただけるかと思います)

去年を100としたら今年は10以下!!7?8?てな感じです

画像でも一目瞭然居るには居りますけんど、昨年12月の大増水の後の最後の最後の生き残りがなんとか上ってきてくれた感じです。
イメージ 7

イメージ 8

釣り師の皆さん、今年の仁淀は厳しいと思われますただ数が少ない分デカい鮎は出てきて尺鮎フィーバーに沸くかもしれんですな。何年か前にも自体が少のーて大鮎に沸きましたけんどあの時以上の厳しさカモです。

動画でもその差歴然ですき。
 (去年2015の水中の様子)

(今年2016の水中の様子)

現地調査の後は漁協の会議室で平成28年度第一回リバーキーパー意見交換会がありました組合のお偉いさんも多数出席してくれちょりまして、自分もこーゆー会に参加さいてもろてありがたい事です。
イメージ 9
しかしながらここ数年毎年毎年おんなじことの繰り返しで、進んだ感が正直わたくしの様な者にはほとんど見えません(解りません)。あしがもちくと賢かったら解るがじゃおけんどねえ
イメージ 12
イメージ 15

イメージ 10

イメージ 11
こういう会に参加しちょる方々は皆が仁淀を良くして県内外からたくさんの釣り人を呼び込みたいと思うちょるはず。遊漁証もいっぱいいっぱい買うてもらいたいはずやのになんかこー上手く言えんですけんど、知ったこっちゃナイ的な、めんどくさい事は今はええろ的な感じが見え隠れしよるような気がします。

ほんならおまんは何しゆーでよ?とか突っ込まれると正直なんちゃあしやーせんですけんどね。ははっ

熱い思いの組合員さんは居るんですよ。実際行動してくれよるんですよ。やきにその手伝いとかはちびっとでもして行きたいと思うちょりますです。

2016年、仁淀の鮎は厳しいと思われますけんど、仁淀ブルーなキレイな流れに浸かってデカい鮎に遊んでもらいましょうぞ!!!!本流あめご(サツキ含む)もおもしろいですよぉ!!!!ぜひぜひ仁淀にお越しくだされ。
あっ、ちゃんと遊漁証は買うてね。禁漁区では竿出されんぞね。
イメージ 13
報知鮎釣り選手権7月10日仁淀川で予選開催予定です。

あっ、言うこと忘れちょった。わたくしめ、今回あめご釣りで初めて?のボーズでした。はぁ~ぁ(ToT)

≪ひとこと≫仁淀川をはじめ高知県下各河川の保全にご協力よろしくお願いいたします。ゴミは持ち帰りましょう!皆さまのおかげでキレイな川が存続します。
イメージ 14