9月23日秋分の日で休みじゃたきに行ってきましたよ、最近尺鮎ラッシュに沸く嶺北吉野へ。
先ずは大将んちへ行かんと始まりません。山中名人らの車が停まっちょります。あしのブログを見てくれゆ人にもお会いできて良かったです
イメージ 3

大将コーヒーでも飲んでいかんかよ?て誘うてくれたきにちょいと一服して山中名人鮎の話を聞かせてもろーた。

さてと、行ってみろかねえ。
で下流へ走りよったら二股の瀬のとこの広っぱで師匠のお師匠様の車発見。止めてご挨拶。光吉タダヒーを待ちゆらしい。あしは下へ行くきねとソコを離れた

あしの車の前を山中名人が走りゆ、どこまで行くんやろか?名人得意の豊永も素通りした。かなりシモへ行くんやな。自分も後を追う。

で、途中で気になるとこ(MIZUNO前)が空いちょったきソコへ降りました。
イメージ 4

さすがに水が冷いちや。下りてシモの右岸の際で野鮎を確保してカミへ行ってみた。
イメージ 5

イメージ 6

きつい流れのトコでガガンッ!!!!となかなかのアタリ!!

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

グイグイと深いとこへ引っ張られるぅぅ。
辛抱して堪えて堪えてしよったら手前に寄って来た。
おっ、デカイんじゃないのぉ?!

ですくい上げたのがコレ!!
イメージ 1

イメージ 2

残念ながら体高はあるけんどどう見ても寸が足りません。で、温存サイズじゃないんでコレに深い底まで泳いでもらおうとハナカン通して仕事してもろーた。が、連れてきたのは25cmばぁの普通の鮎じゃった。もっとでっかいヤツ連れてきてエエんやで。

そーこーしよったらカヌーとかラフティングの方々が下りてきだしたんで撤収。
で、結局ココでは3つと振るわず。

次のトコ2つだけ。
イメージ 7

困ったにゃあ。どこ行こう。
光吉
に電話してみた。電話の向こうの光吉エライこと興奮しちょる。なんでもでっかい鮎を釣り上げたらしい。尺あるかもとか言い出すもんじゃきに、敷岩へと車を走らせた
イメージ 8

青シャツ
光吉です。

イメージ 9

イメージ 10

自分もソコ(敷岩)で竿だしして7つキタけんどドレも23~27cm尺は遠い。つ抜けはしたきにヨシとしょうかねえ。

は活かして置いてます。本日(24日)は仕事が入っちょりまして、昼からしか行けんのです

さて、光吉ですけんど、見た感じあしのとそうそう変わらん尺は無いなと判断した

ま、ちゃんと検寸してみろーと台に乗せたらやっぱり足らん29.3cmじゃった。
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

それでも光吉こんなデカいの初めてじゃわ大喜びで、コッチまで嬉しゅーになったちや。数もデカイのもよー掛ける男よのお。

杉本さんのも2cmばぁ足らんじゃった。案外上の方でもデカイやつ残っちょるみたいやなあ。
今日も二人で行っちょるらしいですよ。先に尺釣られるかも・・・。

鮎釣りも後ちっくととなりましたけんど、皆さん気をつけて怪我とか事故の無いようにしましょうねえ。

≪ひとこと≫吉野川をはじめ高知県下各河川の保全にご協力よろしくお願いいたします。ゴミは持ち帰りましょう!皆さまのおかげでキレイな川が存続します。
画像をクリックするとウィンドウを閉じます