先日の9月24日、早から9月最後の日曜ですよ
昼までは仕事で会社出勤しちょりましたんで午後からの出撃でした。配達終了後、大急ぎで山へ上がってオトリ屋の大将んちに寄って、ざんじ下流域へ

途中二又の瀬でうちんくのクラブの面々が3人居って昼飯食いよったんで止まって状況確認。ポツポツ掛かりゆみたい。

さて、今日はどこへ入ろうか、てかこの時間(12:30)やし、どこが空いちょるんかな??とポインツ確認しつつ下ってった。
JR大田口の駅のとこの瀬釣り師3名
ラフティング出発地点豊永は、ま、やっぱりそれなりに釣り師が居るわな。そのずっとシモも道縁に車が停まっちょるきに入っちょるのは間違いない。
MIZUNOカミもラフティングのカメラマンの車とは別に県外NOのいかにも釣り師の車がある。
MIZUNO前事務兄シエラが磯変わりで帰りゆみたいやが、とりあえず岩原まで下りる
イメージ 5
釣り師いっぱいま、当然やろにゃ。で、さっき空いたであろうMIZUNO前の下の駐車場に下りる。
結局2日連チャンでココになりましたこの下の駐車場へ下りるんは急勾配でオトロシイんよね、1回横の谷に転落しそうになったことがあるんよ
イメージ 6

イメージ 7

無事に車停めて着替えて川へ降りて始めます。水が前日に増して冷いしかもちょびっと増えちょる。昨日立てたとこに行けれん

イメージ 8

始めてみたらポツリポツリとメタボなエエ鮎が掛かるけんど、どれも尺には届かんサイズ
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
ラフティングを楽しむ皆さまもガオガオの段々瀬キャーキャーとか悲鳴を上げております。やはり男子がおーおーと言うグループよりも、女子達の方が見よっても嬉しいですしコースを譲ってあげたくなりますなあ(←個人的意見ぜょ)

15:00も回ると段々と気温も水温もやる気も下がってきだしまして、そーこーしゆ内に釣り師が4名ほど下りて来まして、上下に分かれて自分よりカミの漁場へ行った方も居りました。
その中の一人の釣り師に後にFBでコメント頂きまして
ありがとうございました。またどっかでお会いした時はよろしくお願いいたします。

最後にとガオガオの瀬肩に上って落ち込み手前の岩で今日イチのアタリ!!!!!!!ホンマに驚くほどのアタリやったが流れに乗って一段下にコケてしもた、こーなるともう無理やった伸されて、どーすることも出来んまま、天上と水中糸のお手製のジョイント部分(正確には天上の折り返しの部分)からブチ切れて飛んでった。
イメージ 13
擦れて切れ易うになっちょったんかにゃ~
たちまちショボンとやる気も縮んでしもて終漁でつ。更には固着で竿が片付かんなってしもてトホホ状態で車までいんだ事ですお

ま、固着対策のプラスチックハンマと板切れを載せちょりますきにソコでセッチングしてコンッ!!!と叩いて縮めましたけんどねヤレヤレでございました。

サイズ的には昨日の29.5㎝、今日のは28.5㎝とソレ以下が数匹となり尺にはまた届きませんでした
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

数は土曜12匹、今日は5匹と、安定の低空飛行で伸びませんま、数はエエんです。寸が欲しいんです
イメージ 14

残り少ない今漁期、次回もまた嶺北吉野に行きます。待っちょれよ、尺鮎!!

オトリ屋の大将、今回もいろいろ世話になりました、おおきにでございます。またじきに行きますき。

≪ひとこと≫吉野川をはじめ高知県下各河川の保全にご協力よろしくお願いいたします。ゴミは持ち帰りましょう!皆さまのおかげでキレイな川が存続します。
イメージ 4