4月7日、日曜。今回も仁淀本流域へ出撃です

しかしこの週末は南国高知も北国になっちょりましたよ。土曜には北山は雪やったらしいが、日曜の朝山の上の方は真っ白に!!!!
イメージ 2

もう4月じゃのによ。ビックリ!!この寒さがどうなるのかにゃ~。

ついこないだのことしゅーちゃん先生からLINEきて「出たで仁淀」てことで立派なサツキの画像(ルアマンのブログ)を送ってくれた。しゅーちゃん先生の知り合いでルアーの名手みたい。
※画像は細工しちょります。
(一部ヒレが赤くなっちょりますが下手なワイの加工のせいですき)
イメージ 3

場所とか伏せますけんど、立派なサツキですよねえ。泣き尺ならぬ泣きヨンマルやったらしー。それでも体高もあって立派な魚体ですわ。ウラヤマシイ。アヤカリタイ。

この画像見てから俄然やる気モードが爆発しちょって早うに休み(日曜)にならんろかと思いよったがよ。

初手は石見の右岸側、先週はイダが釣れまくりでしたが・・・。
イメージ 4
この冷やさに魚も口いごかんのかシ――ンと無反応。が差してくるまで一旦待機。
イメージ 5
しばらくしよったらルアマン「ブログ見てますぅ」て声かけてくれた。森本砂利の前に入るらしい。頑張ってくださいよぉと伝えて釣り再開。マヂメに流しましたが・・・。
磯替わりケテ―――イ。

アイス前(ココはカメラと携帯車に忘れて画像無し)
いつものとこで始める。
2投目の流し終わりのころに『ゴンッ!!』アタリが!!一気にシモへ走られて、ザブザブとコケそーになりもって付いて下って竿で溜めてグイグイ引くのを耐えて一旦は走るの止めれたのに、再度走られて・・・フッと軽うなった。
あっ!!バレたかぁ・・・。
針のくくり元で切れちょりました。時間にして15~20秒ばぁやっつろか、残念無念
ワイの中ではサケ目サケ科の類で間違いなかったんやけんどねえ。
残ったがは切れたラインと悔しさだけじゃったちや。

針くくって釣り再開しましたけんど、後は何も無し。
磯替わりケテ―――イ。

次はごんどうの瀬ですらぁ。
イメージ 6

今季お初の漁場っスよ。去年、尺はなかったですけんど本流アメゴが食いついたとこながですわ。この頃から風がビュービュー吹いてきた。粘る気にもなれず異常無しで次の漁場へ磯替わりケテ―――イ。

次は磯釣りの様な(石見の左岸側)です。
イメージ 8

イメージ 9
風も止まんし、根掛かり連発で嫌になってきて
磯替わりケテ―――イ。

ぐんと上流の梼の瀬へ。
イメージ 7
現着したもんの風がビュービューで写真では判りづらいかもしれんけんど酷い風で、仕掛けが水中より空中で居るもんじゃきに魚も食いつきません。
イメージ 13

やっと釣れたのは白ハエ。お前じゃないんよ!!!!
イメージ 1
ははははっ。もう嫌やわ。
と昼前に本日の終漁宣言

帰りがけの片岡の河原にふくちゃんの事務兄が、この強風の中、これから始めるらしい。チャレンジャーじゃわ。あの後どうやったんやろか??

帰りに寄り道していののJR下に寄ってみた。
イメージ 10

イメージ 11
むっちゃ良さげな川相じゃけんど、時折吹く風が嫌でやっぱりやる気になれずにそのまんまお帰りしました

対岸には我らが友釣り連盟の代表、内山氏が居った様な気がしましたけんど、どうやったんやろか?今日は柳瀬神谷でも見かけたような気がするけんど・・・。
イメージ 12

しかし、風とかのせいにして、根性ないなぁワイも。
そんな中でも物部では鮎人君がキッチリとサンゴーヨンマルサツキをやっつけちょるきにねえ。
イメージ 14

物部、ワイはイダしかよぉ食わさんかったですけんどね。さすがじゃわ鮎人君、おめでとーさん。

さ、来週もまた仁淀本流チャレンジです。
しかし毎度つまらん内容ですいません

≪お願い≫各河川にアメゴ(サツキ)釣りに行く釣り師の皆さん、気をつけて行っとおせよ。無理せられんぞね。
イメージ 15