5月13日、朝から冷たい雨が降るこの日曜仁淀川鮎特別採捕の日ですま、解り易く言うと友釣りの試し釣りてことですな
昨年は増水で中止になったんで2年ぶりの開催、2年前は極端に鮎が少なく仁淀では珍しい尺鮎も釣れた年でした。今年は冬の終わり頃から真っ黒い帯状の遡上鮎が確認されて、それ以来ずっと大量遡上の鮎に沸きましたけんど、その鮎たちが実際に確実に育って縄張り持って友釣りが成立するのか?楽しみな特採になります。

話はサツキに変わりますけんど、先週あたりからサツキもぽっつりぽっつりと釣れだした話を聞きます。しゅーちゃんNSGCはんもなかなかのを立て続けに上げちょりましたきねえ。今からが本番てとこですろーか。鮎が始まりますけんどね、ははっ。鮎の解禁後はサツキ用と鮎用の2本の竿持って行かんといかんにゃ

この日は特採の始まるまでにと着替えてごんどうに入りました
イメージ 3
ちょっと増水気味で流れがえらすぎて仕掛けがきれいに流れてくれん。こーなると気分も半減。アカンわww。

30分経たんうちに嫌になって止めました。その後、特採が始まるまでに仁淀川の今年度の遊漁証を取りに田舎のお家に帰っちょりました。
イメージ 26
まぁこの派手な色!!モロももいろですよ。ま、嫌いじゃないけんどね。親父が立て替えてくれちょったんで銭払うて再び仁淀川へ。

イメージ 4
しゅーちゃん見つけて電話。頑張りよ。

黒瀬に到着。さすがに早い時間で関係者は1名居っただけ。
イメージ 2

9時になる頃にはどっさりのギャラリーが集まってきました

いつも通りに黒瀬→片岡→柳瀬→神谷の4か所で友釣りしていきます。
イメージ 1

イメージ 5
釣り師は名人8名です。DONたかともDQNちゃうで)、柏井さん大原さん内山さん藤田のとっつぁん大崎さん西山さん川崎くんの錚々たるメンバーですお(抜かり、誤字あったらごめんなさい)
この方らがやって釣れんゆーたら、もー諦めるしかないですお
イメージ 6

増水で瀬切ができんきにポイントは限られてきますが、ソコはうでまいでカバーしてもらおうじゃないですか。
先に最終釣果表です
イメージ 7
※各ポイントでの実釣時間は30分です。

黒瀬
10cm~17㎝程19匹。この天気でまずまずか?!
イメージ 8

イメージ 9

片岡
10cm~15㎝程16匹。シモの瀬では掛からず。
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

昼ご飯タイム。出来地の橋の下で食らう。楽しい時間
イメージ 13

柳瀬
6cm~15㎝程8匹。意外に厳しい柳瀬。橋のシモの右岸の浅瀬が良さげか?
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

神谷
10cm~14㎝程4匹。かなり厳しい感じ。
イメージ 18

イメージ 19

神谷では釣りどころか的「車両にえこみアクシデンツが発生。数台の車がにっちもさっちもアカンなって砂利地獄にはまって抜け出せず動けんなったですわ。事務兄も1台犠牲に。全てランクルに引っ張ってもろーて抜け出せました
イメージ 20
帰りには皆さん気を付けながら上がりましたが、最後の方は先に行った車両が引っ駆くきにどんどん深くなるんでワイの事務兄もヒヤヒヤもんでしたわ

今回の特別採捕、条件は厳しいかったですが、鮎は育ってはいきゆかなということで、解禁までにがどんだけ仕上がるか?ですかねえ。チビ鮎はどっさり際に見えてますから。

冷たい雨の中潜水調査していただいた方、竿出してくれた釣り師の皆さん、本当にお疲れさまでした。
イメージ 21

6月の解禁が待ち遠しいですなあ。

で、特採も終わって帰りにサツキ狙いの竿出そうとJR下に行ってみましたが、普段は水が無い中洲に渡るとこが川になっちょって、渡るには渡りましたが、放水のサイレンも鳴っちょいったんで帰りがけに水増えて中洲に取り残されたらかっちょ悪いなあと不安になり竿出さずにもんて来ました
イメージ 22

イメージ 23

サツキ次の休みにチャレンジします。しゅーちゃんがエエのをやっつけちょるんですよ。これどーよ!!
イメージ 24
はぁ―――、恨めしいにゃあ。

≪ひとこと≫仁淀川をはじめ高知県下各河川の保全にご協力よろしくお願いいたします。ゴミは持ち帰りましょう!皆さまのおかげでキレイな川が存続します。
イメージ 25