1月20日日曜日。ちっくと前に伝えちょりました仁淀川の鮎産卵場の防鳥ラインの撤収の日です

朝一に田舎の家でとある業者さんと待ち合わせしてゴミカゴの設置をしてもろーて
イメージ 8

集合場所である八天大橋シモの河原に向かいました。
途中の柳瀬の様子。渇水でチョロチョロやで。事務兄で渡れそうな感じ
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

集合場所に着いた時にはまだ4台だけ
イメージ 2
少なっっ!!マキノ氏藤田のとっつぁんDONたかとも広島のワカメの安ちゃん、とワイ。

ま、集合時間にはまだ13分あるきそのうち来るやろ。待ちよっても冷やいし、サッサと済ませて帰ろーや。てなことで着替えて作業に取り掛かりました。

冷い小雨が降る中、川の中で差し込んじょる竹抜いて、鉄筋引き抜いて、ライン切って、ラインまとめて、竹は河原の奥へ廃棄。
イメージ 3

イメージ 4
ラインはゴミとしてまとめて廃棄し鉄筋は回収し漁協倉庫に片付け。

自分は上流右岸側の撤収から始めました。中洲から下流の方まで行ってラインの回収しました。皆さんのおかげで割と短時間で終了。

自分がシモの方に行っちょる時に、フィッシングハヤシの社長さん魚兼さん植木のおっちゃん他多数来てくれちょったみたいですけんど、自分が車のとこに戻った時にはもう帰られてて会うこと出来ずでした

忙しいところ助けに来てくださりありがとうございました。ってワイが言うのは違うかもしれんですけんど、御礼のご挨拶は(この場ででも)しちょきたかったきに。

終い際、今回は無いと思うちょった弁当が出ましたっ!!
おぉ~、パチパチパチ!!
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

後は自然に任せて鮎の遡上を待つばかり也!!頼むよぉ~天然鮎ちゃん!!

しっかしホンマにまとまった雨降らんにゃあ、春先解禁アメゴ、サツキ、楽しめれるんかにゃあ。心配やわ

てなことで今回のお休みは鉄砲触らず、当然発射無しで終わりました
出撃はあと数回、毎回鴨が定数獲れたらにゃぁ・・・・。








あっ!!!!!!
大事な事忘れよったちや!!!!

去年腐るほど鮎を釣り上げた、真っ先に手伝いに来にゃいかんこの4人連絡も無しで来もせんかったちや。(西本氏は来れんと言う連絡がちゃんとありました
イメージ 1
今シーズン、どの面下げて仁淀で竿出すんやろか?気がしれんちや。

少なくともワイはそんなことええせんわ。
「すまんけんど、用事があって行けんきね、ホントすんません。」
くらいの連絡は間違いなくするね。常識やろ!!

ワイは友達少ないき、「もう友達止めちゃる」とまではエエ言わんのよ。悲しいけんど、トホホホ

≪お詫び≫ひとっつも釣りやら猟の話しじゃのうて、すまん事でございます。ゆるいとぉせよ。m(_ _)m