よいよ冷やかったねえ昨日は
懲りずにまた行っちょりましたよ「獲物の無い猟」
今日はかみの方へいてみろと思うて33号線をどんどん走りました途中、寺村のトンネルを抜けたら雪がチラついて山は真っ白こりゃいかん冷やいきに撤収じゃ。とUターン今年の鮎初期のオアシスでもんてきて河原で居りよったら8つばぁコガモが飛んできたイヒヒこりゃあ、まさしくオアシスじゃいか。対岸に6つ手前に2つ降りたがよえ。対岸はけっこう遠いきに射程距離外。手前に降りたがを狙おうとぐる~っと回ってコスモス公園の方へ行って双眼鏡で見てみると
「居る居る。イヒヒ。」
で、てっぽ担いで三脚持ってそろりそろりと川へ降りてった。気付かれて飛ばれたらバッサリじゃきに慎重に射程位置まで移動したがちや足場悪いけんどここでいっぱいいっぱいのとこで構えてスコープで覗いたらコガモのメンタじゃった。「ふぅ~」と一呼吸。
落ち着け落ち着け…。心臓飛び出そう
。ワクワクで楽し――っ
引き金引こうとした瞬間右足が滑った。しかも弁慶の泣き所を石に…
「うわっ!!!!」って声が出た。
「ええいくそっ狙いも何も無いつに引き金引いた。バシュコガモ飛ぶはぁ~あ。逃げられたぁ。
イメージ 1
あぁああん、やんなっちゃったあぁああん、にげられたっ
むこうずねも痛いがえ
イメージ 2
さて、気持ち切り替えて宮地でもいてもおかねえ。

通称ラジコンの瀬のしもの石投げ釣法の淵
「おっ鵜がおるやいかのんびりかまえやがって。でこそーっと近づいて車の陰からスコープで頭狙い撃ち「バシュ」おおっひっくり返った。まさしくひっくり返った状態でプカァ―っと浮いたまんま動かんなったちややた―――っ命中ぢゃいか。けんど、流れんつに淵の向こうで止まっちゅう回収はどうする??できんやんか対岸は降りれもせん崖ぜよ道はとっと上…
イメージ 3
前回同様本日も鵜の回収できずか…。まぁ仁淀に居る鵜が1匹ないなったてことでめでたしめでたしってかぁ。しかし5000円が・・・。

帰り道放水口のしもカルガモのみょーと発見 遠いき発射せず。
イメージ 4
黒瀬の上の端の右岸の陰にカモ発見。遠すぎて見てるだけ~。
八天大橋まで下りてきて八田堰のしもの河原歩きよったら久しぶりにタダヒーから電話。どうやら道端であしを見ゆらしい。鮎以来会うてないきに来いやと橋のしもで合流。
ひさしいのぉ、元気か?
イメージ 5
タダヒー猟師になりたい気があるらしいやろうで、やろうで、楽しいきに。銃の申請してエアライフル買え買え。と引きずり込みゆ最中です。イヒ。仲間が出来たよ

≪お詫び≫ひとっつも鮎つりの話しじゃのうて、すまん事でございます。m(_ _)m許いとおせよ。鮎の天敵【鵜】退治をしょうと思いよりますきに。